~お知らせ~

世には多くのすばらしい刺しゅう講師の方々がいます。
高額なレッスン料金に見合うだけの、素晴らしい技術と知識がそこにある。

けれど、この世の中にレッスンに通えるだけの余裕があり、
刺しゅうを楽しむだけの時間と、習える場所に住んでいる方がどれほどいるだろうか。

私の望みは「一人でも多くの方に刺しゅうに親しんでもらいたい。」という思いです。

2017年2月23日木曜日

レッスン2.5:刺しゅうをきれいに刺すための刺しゅう糸の下準備。

私の中では当たり前に行うべき事だったのですが、
実はそうメジャーではないと言う話題になった下準備。

①刺しゅう糸を使う長さに切る。
②6本束になっている糸束から、1本ずつ使用する本数を引きそろえる。

↓ココ
③そろえた糸の左右の端をそろえ、
それぞれの端を左右の手の指に絡めてキューッと引っ張る。
もしくは、左右に引っぱって糸を親指ではじく。

④ずれた糸端をそろえて使用する。

→がただ引きそろえただけの糸、
←が糸をキュッと引いた糸。
私個人としては、糸をはじくより引いた方が力加減がしやすく、
綺麗に揃って伸びたかどうか確認しながらできるので良い気がしてます。

***<綺麗に刺せる理由>***

25番刺しゅう糸は6本の糸をより合わせた状態で販売されているので、
糸に小さなうウェーブの癖がついています。

糸に癖がついたまま刺しゅうや縫物に使用すると・・・。

・糸に癖があるので、縫い進めるうちに残り糸の長さがずれやすくなる。
・糸と布の摩擦抵抗が上がるので糸が傷みやすくなる。

こんなので綺麗に刺せる訳無いじゃない。
と思う方はぜひ試してみてください。