~お知らせ~

世には多くのすばらしい刺しゅう講師の方々がいます。
高額なレッスン料金に見合うだけの、素晴らしい技術と知識がそこにある。

けれど、この世の中にレッスンに通えるだけの余裕があり、
刺しゅうを楽しむだけの時間と、習える場所に住んでいる方がどれほどいるだろうか。

私の望みは「一人でも多くの方に刺しゅうに親しんでもらいたい。」という思いです。

2017年2月28日火曜日

レッスン3:刺しゅう糸を切る長さ

極論を言えば、以下の2点につきます。

糸が長ければ長いほどステッチを沢山刺せる。
糸が短ければ短いほどステッチが綺麗に刺せる。
刺しゅう糸を切る長さは一般的に40~50cm。

それはなぜか。

理由は単純で、多くの方がメーカー品の刺しゅう糸を使ってきた結果、
「その長さにするとAとBの両方がいい感じね。」となったから。

なので、糸を切る長さは自分なりの理由があれば、自由です。

ただし、以下の点にご注意して頂けると
「その長さにすると私はいい感じね。」と、なれると思います。


<糸を長くカットした場合の欠点>

8mのカセをそのまま使おうというチャレンジャーはいないと思うのですが、
極端な話をすると、長すぎると糸は絡まります。

では、倍の1mの長さにしたらどうか。

確かに、糸が長ければ長いほどステッチは沢山刺せます。
ですが、刺し進めば刺し進むほど糸が布との摩擦で劣化し毛羽立ちます。
そして、長ければ長いほど糸はねじれてよじれます。

毛羽立った糸をさらに使い続けるとどうなるか。
 ⇒擦り切れて糸はどんどん細くなり、千切れます。

ねじれてよじれた糸を使い続けるとどうなるか。
 ⇒引きそろえた糸の長さにばらつきが出てきます。
  たるんだりつったりして、ステッチの見た目に影響します。

そして、1本どりで細かなステッチを何度も繰り返して刺すのと、
6本どりで大きなステッチを数回刺すのでは糸の劣化に差が出ます。

ラメ糸などの引っかかりが多く感じられる糸や、
1本どりで細かなステッチをする場合は、
40~50で使用している方は、
25~30cmくらいにカットするといい感じかと思います。


<糸を短くカットした場合の欠点>

5cmや10cmにカットする天の邪鬼さんはいないと思うのですが、
極端な話をすると糸の始末の回数が多くなります。

確かに、糸が短ければ短いほど
その糸の持つ風合いそのままに布の上にステッチが刺せます。

でも、糸始末は少ないほど楽だし、
糸始末が多くなると見た目も手触りも多少変わります。

なので、6本どりでザクザクと大きく刺す場合や、
するするとした糸通りの刺しゅうを刺す場合は、
思い切って糸は長めに切ったほうが糸が無駄になりません。


<おまけ>
「キットの25番刺繍糸の長さが1mくらいな理由」
クロスステッチのキットを購入した時、
キットにセットされている糸の長さは50mではなく、
倍の1mくらいの長さにカットされていることがあります。

「長くない?なんで??」と思ったあなたは素敵です。

答えは、100cm÷2=50cm。
1mの糸を二つに折って針に通してつかう事を想定しているからです。

なので、奇数本使用する場合は半分に切って使用するといい感じになります。